【完結済】「11年後、私たちは」ネタバレありあらすじ紹介。結末まで。めちゃコミックで読める!

マンガ
スポンサーリンク



11年後、私たちは。



おはようございます、こたつでぬくぬくみかんです。

本日はめちゃコミックで読める「11年後、私たちは」をご紹介します!

インスタか何かに広告で出て来て気になって読んでみました。


絵はあっさりしていますが、心理描写はかなりリアルで、最近よくある展開ながらも読みごたえがありました。

最初はSNSで掲載されていたのかな?独特なこまわりです。




スポンサーリンク

ざっくりあらすじ(ネタバレなし)



一之瀬千鶴には、学生時代から11年間付き合ている恋人がいる。

30代になり結婚を考えないではないが、なんとなく話題に出せない時間が過ぎていた。

11年の間に色んなものが変化したが、千鶴はそれでも堂島優のことを愛していた。


しかし、3連休忙しいと会えなかった優が、実は若い女性とデートをしていたことが発覚。

千鶴は優のもとを去ることに。


いやー、11年。大学1年から付き合い始めても、社会人になって7年も付き合っている!!
さすがに重みを感じます。

優の浮気が発覚して千鶴が速攻別れる、という選択をしますが内心は優に戻ってきてほしい!と追いかけてほしかった、という描写があります。

これは、分かりますね。
11年付き合った彼女だよ?そんなに簡単に別れていいの?
追いかけて来てよ、でも自分からは簡単に許せない、共感できる人も多いんではないでしょうか。

辛い・・・。

でも最近会っても上の空、自分を大事にしてくれない男と別れられたのは客観的にはすっきりします。



その後どうなっていくのか。




ざっくりあらすじ(ネタバレあり)



別れた後の千鶴



11年付き合った優と別れた後、しばらく心から笑えない日々が続いていた千鶴。

そんな千鶴を励ましたのは、上司の荻野課長だった。

たまたま家が近く顔を合わせる機会が増えた。

仕事に打ち込むあまり、友達がいない、友達になってくれ!という荻野課長に「そんなん上司やから無理やろ」と思いながらも、きっぱり断れない千鶴。

気を遣ってやだな~と思いながらも、荻野課長と過ごすうちに優のことを思い出さない時間が増えていることに気づく。


ある日、千鶴が荻野課長と歩いているところを優が目撃する。

何を思ったのか千鶴に話しかける優。

実際は、11年付き合った元カノが自分と別れて早速違う男と歩いている、というのが許せなかった?

うっせえわ!二度と声かけてくんな!!


千鶴もあまりに突然で動揺し、荻野課長のことを新しい彼氏だと紹介する。

動揺する優と荻野課長。

しかしそこはさすが課長、空気を読んで千鶴をフォローする。


千鶴さえよければ本当に彼氏になる、という発言まで!

動揺しながらも千鶴はまだ恋愛する気になれず丁重に断るも、荻野課長はいくらでも待つと言ってくれた。

荻野課長~!!もう好き!

私だったら速攻行くのに、冷静にまだ恋愛はいいと考えられる千鶴はん、、やはり11年間は長すぎますね。





別れた後の優




11年千鶴と付き合った。

最初は千鶴の好きなところが沢山あったが、徐々にそれらが気になるようになってきた。

周りの友人は千鶴よりももっと若くて可愛げのある事付き合っていた。

千鶴は一見すると冷静でドライ、可愛げがあるとはお世辞にも言えなかった。

他の女性と千鶴を比較してはがっかりすることが増えていた。

そんなときに結衣と出会う。

1回だけのつもりだった。でも、自分のなんでもない話を喜んで聞いてくれる結衣を可愛いと素直に思った。

千鶴に別れを切り出されたときも、内心では「自分から別れを切り出さなくて済んだ」くらいに思ってしまった。


若くて可愛い結衣とのデートを重ねる優。

しかし、千鶴が知らない男と歩いているのを見て動揺する。

11年も付き合ったのに!

お前が言うなやあ!
自己中がぶっちぎってるな!
そして結衣もろくな女じゃないぞ!



結衣は「お金や車を持っている社会人の彼氏」である優が好きだった。

大学生の友達に社会人彼氏マウントを取ったり、買ってほしいおねだりをしたり。

社会人に夢見ている節がある。

そして結婚して実家を出ることを強く望んでいた。

結衣の実家は決して裕福とはいえず母親からは早く就職して家を助けることを望まれていた。

毒親とまでは言わないかもしれないが、結衣も辛い思いを抱えていた。

何が何でも優と結婚して家を出る、その思いが強すぎて、付き合ったばかりの優に結婚の話をしたり、元カノである千鶴に連絡を取って優とかかわらないようにけん制したりしていた。

そんなことを繰り返す中で、優と結衣の気持ちは離れていき、最後はなぜか結衣が千鶴に背中を押してもらう形で優と別れる。

そして優のプチストーカーっけが現れてくる。


やり直すことは二度とないと言われたのに、千鶴の会社に花束を贈ったり、帰宅を狙ったり。(荻野課長に追い払われる)

千鶴の家(実家)の前で泥酔しているところで、千鶴の母親と話し合うことに。

その中で、優は千鶴の幸せではなく、自分の幸せばかりを考えてきたことに気づかされ、身を引くことを決意する。

「11年も自分のことを思い続けて来てくれた千鶴」

その存在こそが自分を幸せにする、他の男に取られてたまるか、みたいなのが強くなってしまっていた。

優に関してはまじで自業自得だろ!と思っていましたが、この最後の「自分を11年も愛してくれた存在を手放せない」という気持ちはわかる気がします。

表立っては人に言うことはないですが、共感できる人も少なからずいるのでは?

「想ってもらう」ことってすごく居心地がいいんですよね。

「この人は私のことが好き」という絶対的な自信?みたいなのがあると、相手を大事にできなくなる傾向がありました、私は(笑)

そういう時はうまくいかないんですよね。

この辺の心理描写がリアルでした。


千鶴と荻野課長のその後




優が千鶴を諦めてからすぐに付き合うかと思いきや、中々千鶴は最後の一歩を踏み出せませんでした。

恋愛が怖くなっていたんです。

今どれだけ優しく大事にされても、いつかは荻野課長も変わるかもしれない。


また途中で二人の関係に気づいた千鶴の同僚の独身おばさんが、いらん茶々を入れてきます。

千鶴が二股女だと噂を流したり、それぞれに「相手のことを思うと誤解されるような行動はやめた方が~」的なけん制をしたり。

え、いらんことしてくるけど二人大丈夫?と心配になりますが、大丈夫です。

おばさんはお呼びではない。

荻野課長がズバッと言ってくれるのですっきりします。



そして最後はどうなるかというと・・・。

11年後、2人は子供と一緒に星を観に出かけていました!!

良かったね、千鶴さん!!




小言



ということで、「11年後、私たちは」のネタバレありあらすじでした。

絵があっさりしているので、最初は???と思いました。

ストーリーもまあよくある系。(元彼に振られて新しい人が出来たら元彼がいらんことしてくる系)

でも、同じようなストーリーで大人気の「いつわりの愛」よりも、登場人物の心理描写や背景が丁寧に描かれているので読んでいて引き込まれました。

気になった方はぜひ読んでみてください!

同じような話はこちら↓

【更新28話まで】めちゃコミックの広告で話題!「いつわりの愛~契約婚の旦那様は甘すぎる~」あらすじ紹介(ネタバレ有)

ストーカーっけというか執着すごそうな男が出てくるけどめちゃくちゃ面白い漫画はこちら↓

「来世は他人がいい」ネタバレあらすじ紹介。絵は独特だけどはまる人続出のおすすめ漫画

元旦那のうざさにかけてこれを抜く漫画はありません!↓

旦那に3年後の離婚を宣言されたらどうする?イライラするけど予想がつかない展開に読むのを止められない漫画「離婚予定日」(粕谷紀子)ネタバレ有

作り込まれたストーリーが魅力の本当に面白い長編少女漫画8選!主人公がただ溺愛されるだけじゃつまらない!

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました